一戸建ての費用を把握しておこう|ハッピー住まい選びのコツ

住宅

マイホームを持つなら

間取り図

武蔵藤沢でマイホームを持つなら戸建ては子育て世代でも住みやすくおすすめです。騒音の心配も少なく各部屋のプライバシーも守られやすいのでお子様が成長しても安心です。マイホームを新築する時は将来設計について家族とじっくり話し合ってみましょう。

詳しく読む

不動産会社に相談

間取り図

住宅を建てる際にはどの地域にするのかを決めることが最も重要です。そして、岡山市に建てることを決めたならば、岡山市の不動産会社に相談してみましょう。デパートの有無など、地域性に関することを聞くことをおすすめします。

詳しく読む

住宅の相場

家

地価と相場

栃木県の宇都宮市で一戸建て住宅を購入する場合、まずは地価について知っておくべきです。宇都宮市の地価は1坪あたりおよそ25万円になります。これは、同じ栃木県内では高い方ですが、日本全体の平均地価がおよそ49万円であることを考えるとおよそ半分の価格で土地を買うことが出来ることになります。これは、宇都宮市の一戸建て住宅の価格にも表れており、駅前などを除けば、150平米の土地に2階建ての一戸建て住宅が建っている物件はおよそ2000万円台で購入することが出来ます。3階建ての一戸建て住宅は少なく、2階建ての木造が大半を占めているのが特徴です。また、1軒あたりの不動産の土地は広いことが多く、十分な広さの平屋建ての住宅を建てることも可能です。

災害に備えて

一戸建て住宅を手に入れる時には土地の値段の安さや交通の便が気になるところですが、近年の異常気象を考えると災害に対する備えが重要であることがわかります。そこで、宇都宮市の災害について目を向けると、水害は一級河川の鬼怒川が宇都宮市内東部を横断していますので、鬼怒川周辺やそこから3キロ以内の低地は土台が高い建物を立てるなどの対策が必要です。また、市内の中心部も小さな川が流れており、大水の時に備えて対策を立てておくことが大事になります。もう一つの災害である地震については、宇都宮市内の場所にもよりますが、比較的地盤が強いのが特徴です。ですが、元々沼や池などを埋めて作った造成地では地盤が弱いことがありますので、購入前にその土地の地盤について調べておくとよいでしょう。

住まいをリフォームで

男性

八千代市では中古一戸建ての人気が高くなっています。中古一戸建てはリフォームによって、更に良いものとすることもできます。中古一戸建てを判断する時は、リフォームのしやすさや周囲の商業施設について知ることも重要になります。

詳しく読む